キニナルブログ

キニナルブログ

企業

ブラック求人が増加している?見分け方は?対策や対処についても!

ブラック求人が増加している?見分け方は?対策や対処についても!

こんにちは、はがちゃんです!

今回は、厚労省が厳罰化を検討している

ブラック求人について書いていきますね!

厳罰化をするるということは、

増加しているのでしょうか?

見分け方について紹介!

さらに、対策や対処法についても調査!

ブラック求人が増加している?

img_afc1fdebc47ebe09f8cb0b2e461bc2ea1353077

そもそもブラック求人とは何なんでしょうか?

 

求人での賃金や待遇

実際とは違う、、、

つまり、実際より好条件の求人で

働き手を引き寄せることですね!

 

こんなんいっぱいあるくないですか?

むしろ、求人通りの方が少ないと思いますけどね!

しかも、大学生は格好の餌ですけどね(笑)

 

厚生労働省は職業安定法を改正し、虚偽の求人をした企業への罰則強化を検討する

らしいので、

ブラック求人が増加しているってことですよね!

見分け方は?

ブラック求人の見分け方はあるのでしょうか?

 

やっぱりブラック求人に

引っかかりたくないですもんね!

僕が思うブラック求人の特徴を紹介します!

 

求人のキャッチフレーズを見てみてください!

  1. 研修期間が長い
  2. 応募のハードルがやたらと低い
  3. 「〇〇主義」みたいなフレーズ

が怪しいかなと思います!

 

まず1つ目の「研修期間が長い」

確かに最初から使える人なんて少ないので

そんな人に前からいた人たちと

同じ時給で働くのはちょっと、、

って思いますよね!

 

ただ、それにしても研修期間が

やたらと長いとこってありますよね?

そいうところは安い時給

できるだけ働いて欲しいんです!

 

2つ目の「応募のハードルがやたら低い」

これは、「学歴不問」「年齢不問」

「業務経験不問」「未経験者歓迎」

みたいなフレーズのことですね!

 

離職率が高く、今すぐ人が欲しいという

ところに多い傾向があると思います!

誰でもいいってことですもんね!

実際はそんなところほとんどないですからね!

 

3つ目の「〇〇主義」みたいなフレーズ

具体的に言うと、「成果主義」「実力主義」

とかですかね!

 

これを見たら、「自分なら上にいけるかも」

って思う人がいると思うんですけど

上には行けないのがほとんどでしょうね!

 

雇ってる側も「お前が悪い!」

って言い訳できちゃいますからね!

 

僕が思うブラック求人はこんな感じでしょうか?

もちろん、ちゃんとしているところもあります!

はっきり言うと、

やってみないとわからないのが現状ですね!

スポンサードリンク


対策や対処法について!

5bd2050cee61f99bfb9b3b554e78ff00

そんなブラック求人に対しての

対策や対処法について調査!

 

個人で対処するには、

結構限界があるんです!

 

「もう入っちゃてどうしよう」っていう人は

勇気を出してやめてください!

としか言いようがないです、、、(笑)

 

やめれないことは、法律上ないです!

労働基準法5条違反ですから!(笑)

って言っても、問題は他ですよねー

 

時給に問題がある場合は、

働いてから4ヶ月以内であれば

意見が通ります、、法律上、、、

ただ、変わるかは別ですけど、、

 

今回のような就職してしまっている場合は

なかなか難しいと思います

やめてしまえば職がなくなるし、

続ければボロボロになる一方、、

 

ということで、厚労省が動いたんですね!

遅っ!

 

ハローワークは、違法な長時間労働や残業代不払いといった労働基準法違反を1年間に2回以上労働基準監督署から是正指導されるなどした企業の求人は受理しないことができるようになった。

さらに、

企業に対して、過去3年の採用者や離職者の数、平均勤続年数、残業時間や有給、育休の実績など、職場環境についての、いずれかのデータを提供す義務が設定された。

ということなので、

前よりは進んだかなという印象です!

 

ただ、今後の課題も多いのが現状です!

単純に考えれば、この条件をくぐってきているのが

ブラック求人なんですよね!

意味ないじゃん!

 

まだ根本的な解決には

時間がかかりそうですね

 

ではでは!

スポンサーリンク


URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top