キニナルブログ

キニナルブログ

詩人

加島祥造の死因は?経歴がすごい!?かなりの女好きだった?

加島祥造の死因は?経歴がすごい!?かなりの女好きだった?

こんにちは、はがちゃんです!

今回は、詩人で翻訳家だった

加島祥造さんについて書いていきますね!

加島祥造さんは何の病気だったのでしょうか?

そして、すごい経歴の持ち主だそうで

調べました!

さらに、無類の女好きだったそうなので

調査しました!

加島祥造の死因は?

cf06ae1a42f9379a230cc992a6b7142e_150

詩人で翻訳家の加島祥造さんが

12月25日に亡くなっていたそうです

その死因は何だったのでしょうか?

 

加島さんは、

詩集「求めない」「受け入れる」

で知られていますね!

 

普段の生活は、お手伝いさん

すべてしてもらっていたそうですね!

髪の毛の手入れまで、、、(笑)

 

お手伝いさんは、

孫くらいの若い女の人だったそうです!

加島さんも若いですね〜

 

加島さんは92歳で亡くなったそうですが

死因は、老衰だそうです

年も年ですからね!

 

加島さんは60歳で、

家族を捨てて長野県の伊那谷に

移り住んでいたそうです!

恐ろしいお父さんですね、、、

 

それからは若いお手伝いさんに

お世話をしてもらいながら

暮らしていたんですね!

だから、長生きできたのかも、、、

 

加島さんには病気の情報はなかったですが

このせいで奥さんが心の病

なってしまったそうです!

 

男としてはその人生の過ごし方は

憧れますが、

やっぱり、ダメですね(笑)

経歴がすごい!?

加島さんの経歴がすごいそうなので

調べました!

 

東京府立第三商業学校

卒業されています!

今は、この学校はないそうです!

 

では、その後の学歴をざっくりと!

 

  • 1946年早稲田大学文学部英文科卒。
  • 1954年フルブライト留学生としてカリフォルニア州クレアモント大学大学院修士課程修了。
  • 1955年信州大学講師、助教授、
  • 1967年横浜国立大学教育学部助教授、教授、
  • 1986年青山学院女子短期大学教授。英米文学を教える

 

どうですか?

The エリートですね!

 

翻訳家としても活躍できるのは

海外の大学に行っていたからですね!

この時代では、珍しいのではないでしょうか?

スポンサードリンク


かなりの女好き?

news_header_ryujin25_0219_01

加島さんはかなりの女好きだったそうですが

本当にそうなのでしょうか?

 

結論から言うと

「はい、そうです!」

というエピソードしかないです!(笑)

 

まず、加島さんが言っていたことは

美味い飯と自然と遊ぶ自由と好きな女性達。 この為には経済的に豊かになってないといけない。

だそうです!

うーん、そうなんですかね〜

 

加島さんは、

有言実行してますけどね!

 

そして、加島さんの最後の女

ドイツ人だそうです!

自分の個展に来ていたそうです!

 

そのとき、加島さんは80歳!

若い!!

その女性は、白血病で

亡くなってしまったそうです

 

加島さんは3年間落ち込んでいたそうです!

家族を完璧に捨ててますね(笑)

 

そんな、無類の女好きな加島さん

だからこそ長生きできたのかもしれませんね!

 

息子の加島牧史さんについて↓
http://goose-7-richit.com/893.html

 

ではでは!

スポンサーリンク


URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top